失敗しないビジネスローンの利用法

>

資金集めと支援など

募集して資金集め

クラウドファンディングでの開業資金の調達方法は、インターネットで開業しようとする事業を支援してくれる人を募集し、資金を集めることです。
その集めた資金は開業資金にも使え、そして返済の必要はありません。
代わりに、その支援者には自社製品や自社サービスの提供が必須で、開業したらお礼は必要です。
飲食店開業に特化したものなども、クラウドファンディングで人気があります。
開業できた場合に支援者が顧客にもなり、口コミでの宣伝も見込めることもあります。
メリットは、返済をしなくていいことで、自社製品他の提供をしてもコストはあまりかかりません。
クラウドファンディングのサイトを使っていることで、広めることができSNSなどで宣伝も。
開業する前から沢山の顧客獲得のチャンスにもできます。
宣伝費用がかからないこともあげられます。
クラウドファンディングは支援者からの資金を集めるのに、とても時間がかかります。

投資会社から

ベンチャーキャピタルでの開業資金の調達方法もあります。
ベンチャーキャピタルは、将来的に上場できそうな会社に投資している投資会社のことで、出資した会社が上場し、成長したあとに株式を売却するなどして利益をあげる目的があります。
返済の必要がありません。
また、その目的のために事業が成功するような支援もあります
ベンチャーキャピタルが持つ経営手法や顧客紹介等の支援があります。
ベンチャーキャピタルは、利益を出せない事業と判断すると、支援をやめることもあります。
自由に経営ができない可能性もあります。
支援を受けていれば、事業が絶対に成功できることでもありません。
経営に関わられることで、事業が失敗する可能性も出てきます。


Share!
TOPへ戻る