>

低金利で借り入れが多く

使い道

ビジネスローンは開業資金には使えず、事業においての設備購入の資金調達や人件費等の運転資金に利用するために使うものです。
即日等に用意したいなどでなければ、銀行の融資がビジネスローンよりも金利が低くて適しています。
ビジネスローンの中には、30日間の無利息期間を設けている会社などもあって、その期間中であれば銀行の融資を受けるよりも、少ない返済額で済むこともあります。
また、ビジネスローンで早急な資金を用意しておき、その期間に時間のかかる銀行の融資を受けるなどもできます。
開業資金には利用できなくても、ビジネスローンは開業後には利用する機会も。
様々なケースに合わせていけるよう、あらかじめ資金調達方法としてビジネスローンのことやその他も調べておきましょう。

時間のことも

銀行の融資で、開業資金の調達をすることもできます。
審査が厳しくても銀行の融資は、国の金融機関の日本政策金融公庫と同じで、低金利で融資が可能です。
日本政策金融公庫と異なるのは、利益優先により、事業実績がないところなどには審査が通らず、融資してもらえません。
事業計画書のしっかりしたものを作成し、担保の不動産などや保証人が必要です。
銀行の融資は、低金利であるので最大のメリットかもしれません。
銀行と信用関係にあれば開業後も、長期的な融資を望めるかもしれませんし、融資の金利の交渉なども。
資金回収できるところにしか、銀行の融資はありません。
日本政策金融公庫と比較しても審査がとても厳しいことがデメリットにあげられます。
個人事業主に対する融資は、さらに厳しい審査があるそうです。
返済計画があることを説明できなければ、ほとんど融資してもらえません。


Share!
TOPへ戻る