>

使い道は自由に

開業資金の調達方法など

日本政策金融公庫での開業資金の調達ができます。
日本政策金融公庫は、財務省所管の金融機関であり、国が管理している会社です。
様々な融資をしている日本政策金融公庫の「新規開業資金」などは、開業資金として利用できます。
担保や保証人がなかったとしても、低金利で開業資金の融資を受けられます。
日本の経済成長や発展の目的のもと、利益よりもその方針は明確です。
民間の金融機関等に比べて、融資が受け易くなっています。
融資金額が低めに設定する必要等もあり、事業計画をきちんと説明すれば、審査が通る確率は高いそうです。
「新創業融資制度」という担保や保証人なしでも融資を受けられる制度もあり、新規での事業立ち上げには利用し易いです。

目論見は堅実に

メリットは、100パーセント審査が通るわけではなくても、国の金融機関でその目的のために、融資が受け易いことです。
デメリットは、融資までに大体約3週間以上かかることです。
すぐに開業資金を準備することを目的にしている人には向いていません。
融資の条件の厳しい銀行の融資は、大抵において日本政策金融公庫よりも早くに融資が受けられます。
さらに融資まで時間がかかることになるので、審査の際は書類の不備等がないように慎重に行います。
審査が通らなかった場合の対策も。
初回での融資額はあまり多くを期待することはできないようです。
新規開業資金の融資限度額は、7千万円越えとなっていても、よほど不動産や高年収の保証人がなければ、数百万円までの融資しか受けられないようです。


Share!
TOPへ戻る