失敗しないビジネスローンの利用法

失敗しないビジネスローンの利用法

使い道は自由に

中小企業等や個人事業主向けの事業性の無担保ローンを、ビジネスローンといいます。 20年位前から、大企業への融資をメインにしていた大手都市銀行が、中小企業等に融資を開始した経緯から始まって、各銀行に広まり、ビジネスローンの提供が行われています。

低金利で借り入れが多く

銀行融資などに比較しても、ビジネスローン以外の一部の有担保融資の借り入れは金利が高く設定されています。 無担保であれば、融資額が少ないことも。 ビジネスローンを利用することで事業資金等を多く準備したいのであれば、不動産等の担保により低金利で借入額も多くすることが可能です。

資金集めと支援など

ビジネスローンでは開業資金は調達できないため、国の機関や銀行の融資の他にも調達する方法はあります。 他には、クラウドファンディングやベンチャーキャピタルです。 インターネットで事業を支援してくれる人を募集して資金を集めたり、支援が受けられる可能性があります。

ビジネスローン

ビジネスローンは、マイカー購入の際や、ローンのおまとめ等に使って個人の必要な資金に使え、運転資金や設備資金なども含めた事業資金にも転貸で利用できます。
中小企業等や個人事業主の人の様々な資金の需要に向けてサポートできるものです。
一般的なカードローン等では、事業資金を借り入れできません。
大半がカードローンであれば禁止され、ビジネスローンであれば早いものであれば即日にでも事業資金の用意をしてもらえます。
総量規制対象外のビジネスローンは、年収の3分の1以上の資金の借り入れも可能です。
早急に、事業資金の準備などを考えている人へも対応できる制度です。
ビジネスローンは、審査にスコアリング方式を採用。
スコアリング方式は、カードローンの一般にも採用されている方法で事業歴や年収や家族構成や職種等、機械的な信用度の数値化のシステムをいいます。
システムのスコアから融資の審査をして判断します。
入力情報から機械的に進めるため早く対応でき即日融資ができる仕組みです。
入力項目は、保険種類や居住年数等も含まれ、申請のタイミングも大切なポイントです。
転居などとは合致しない時期が好ましく、工夫も必須。
注意点は、ビジネスローンは事業資金として利用できても、開業資金には不可能です。
それはビジネスローン審査に、法人の場合は決算書や、個人事業主は確定申告書等の提出が関係します。
大体は、2年分の決算書や確定申告書が必要となれば、目途は事業をしてから2年以上経過していることが必須です。

TOPへ戻る